「外国人技能実習制度」受け入れの流れ

〜入国まで〜

1、制度説明・申し込み
受入希望企業の都合に合わせて、協同組合職員がご訪問し、技能実習制度説明や受け入れ可能かどうかについてヒアリングを行います。
2、技能実習生募集・現地面接
受入れを希望する外国人技能実習生の募集条件や募集地域を決定し、送出機関に通知します。送出機関で候補者を募集後、現地面接を実施し技能実習生を選抜します。

3、技能実習生現地教育
選抜後から日本入国までの期間、選抜された技能実習生は現地で事前教育を受けます。事前教育に関する内要は、日本語と日本での生活一般に関する知識、外国人技能実習生の日本での法的保護に必要な情報円滑な技能等習得に関する知識等となります。
4、申請書類提出・在留資格認定
在留資格認定証明書交付申請書を作成します。同申請書は、JITCO本部の書類チェックを経て 所管の入国管理局に提出され審査後「在留資格認定証明書」が発行されます。
5、ビザ発給・入国
在留資格認定証明書を送出機関へ郵送し、送出機関が査証(ビザ)取得を日本領事館に申請し、査証が発給されます。査証取得後、出国手続きを行い出国します。

〜入国から1年目まで〜

1、入国後講習
入国当日から集合研修施設にて約一ヵ月間、日本語、日本文化・風習、法律・道徳などを中心とした座学講習を組合主導で行います。


2、技能実習生1号として企業配属
外国人技能実修生と雇用契約を結び、労働関係法令上の「労働者」として企業に配属され、技能実習予定表にそって技能実習を実施します。
3、技能検定基礎2級受験
技能実習2号へ移行する場合、技能検定基礎2級等の検定試験に合格する必要があります。

 

〜2年目から帰国まで〜

1、技能実習生2号移行申請(在留資格変更)
技能実習生2号ロとして2年目の実習を開始します。
2、帰国準備
帰国に際しての書類準備、各種精算の準備のための指導・調整を行います。 帰国前にはJITCOより技能実習の修了証書が発行されます。
3、帰国
外国人技能実習生は帰国後、母国にて御社で習得した高い技術を活かします。 当協同組合は、入管に対して帰国報告書を提出します。